亀山こども歴史館トップページ はくぶつかんてどんなところ?はくぶつかんのおすすめ

[はくぶつかんてどんなところ?]はくぶつかんは、「博物館法(はくぶつかんほう)」というきまり(法律(ほうりつ))があって、そのきまりにしたがって作(つく)られているんだ。そのきまりによれば、動物園(どうぶつえん)や水族館(すいぞくかん)や植物園(しょくぶつえん)もはくぶつかんなんだよ。亀山市歴史博物館(かめやましれきしはくぶつかん)も、そのきまりにしたがって作(つく)られているんだ。そして、きまりのなかには、博物館(はくぶつかん)のしごともかいてあるんだよ。

はくぶつかんのおすすめ

田茂獅子舞(たもししまい)の獅子頭(ししがしら)

 田茂(たも)の獅子頭(ししがしら)は、亀山神社(かめやまじんじゃ)の奉納品(ほうのうひん)で、亀山神社(かめやまじんじゃ)から寄託(きたく)されたものです。いっぽう口取(くちとり)や拍子役(ひょうしやく)の衣装(いしょう)や楽器等(がっきなど)は田茂自治会(たもじちかい)が受(う)け継(つ)いでいて、平成(へいせい)6年(ねん)に田茂町自治会(たもじちかい)から寄託(きたく)を受(う)けています。
 神役(しんやく)は、御先(おさき)、御頭(おかしら)、御笛(おふえ)、御太鼓(おたいこ)、御口取(おくちとり)、御後舞(おあとまい)の六役(ろくやく)です。獅子舞(ししまい)の祭礼(さいれい)は、田茂青年会(たもせいねんかい)が担(にな)っていました。
 常設展示室(じょうせつてんじしつ)で展示(てんじ)していますので、ぜひ一度(いちど)実物(じつぶつ)を見(み)てみてください。
 なお、インターネットによる亀山市史(かめやましし)では、亀山市史(かめやましし)>民俗分野(みんぞくぶんや)>動画(どうが)データベースで、田茂町(たもちょう)の獅子舞(ししまい)をご覧(らん)いただけます。

  • 田茂獅子舞の獅子頭
    田茂獅子舞(たもししまい)の獅子頭(ししがしら)
ページの先頭(せんとう)に戻(もど)る
  • 亀山市歴史博物館(かめやましれきしはくぶつかん)
  • 亀山市史(かめやましし)
  • 亀山市(かめやまし)ホームページ
  • 日本博物館協会(にほんはくぶつかんきょうかい)
  • 三重県博物館協会(みえけんはくぶつかんきょうかい)