平成31年度古文書講座等について

 古文書解読基礎講座<全8回>
とき平成31年5月〜12月までの毎月第2日曜日 13:30〜15:00
対象者どなたでも受講できます
内容歴史博物館に所蔵する古文書の中で、亀山市に関係する、江戸時代の古文書を、一文字ずつ、くずし字解読辞典を引きながら読み解いていきます。
定員30人
持ち物くずし字解読辞典(東京堂出版)


村・町の古文書を読む<全8回>
とき平成31年5月〜12月までの毎月第4土曜日 13:30〜15:00
対象者古文書の基礎を学ばれた方
※前年度までに基礎講座を受講された方
(講座では皆さんで輪読していただきます)
内容市域に残る近世・近代の村や町に関する古文書を中心に読んでいきます。31年度の最初のテキストは、原尾村の村人が村役人への問い合わせた様々な事柄について、その回答を記した「明治二年 村方願之口々取調帳」です。
定員36人
持ち物くずし字解読辞典(東京堂出版)


読む・聞く・読み解く、加藤秀繁日記<全8回>
とき平成31年5月〜12月までの毎月第4日曜日 13:30〜15:00
対象者どなたでも受講できます
内容江戸時代に亀山城主だった石川家の家臣、加藤秀繁の日記を読み解きます。輪読に参加するのが難しい方でも、気軽に参加いただけます。
定員36人
持ち物くずし字解読辞典(東京堂出版)


一緒に読もう古代史料教室<全8回>
とき平成31年5月〜12月までの毎月第2土曜日 13:30〜15:00
対象者どなたでも受講できます
内容漢文史料に出てくる漢字の語句や意味を漢和辞典でひきながら、『日本書紀』に書かれたヤマトタケルの記事をゆっくりと読み進めます。
31年度は、弟橘媛が海へ飛び込む場面を記す景行天皇四十年是歳条から読んでいきます。
定員36人
持ち物漢和辞典(自宅にあるものを持参ください)


※全テーマ共通事項
ところ歴史博物館 講義室
受講料無料
申込期間平成31年4月1日(月)から4月30日(火)まで
申込方法歴史博物館へ電話(83−3000)でお申し込みください。




展示案内


来館案内


学校の先生方へ


図書案内


運営組織


お問い合せ


リンク



博物館トップへ